TOPICS

【全12種類】フィニッシングパウダーを深堀り

2021.01.12

皮脂や汗に強く、表面がサラサラに仕上がるフィニッシングパウダーは、
ステージ用コスメのウォータープルーフ技術を応用して開発しました。
細やかな粒子が肌をカバーし、夕方までテカリ、くずれ知らずのサラサラ陶器肌を実現します。

そんなチャコット・コスメティクスの代名詞とも呼べるフィニッシングパウダー
について、くわしくご紹介いたします。

パウダーは全3種類

チャコットには、3種類のパウダーがあります。

フィニッシングパウダー全5色 容量:30g/170g(クリアーのみ)
汗・皮脂に強い。陶器肌仕上げ
フィニッシングパウダー
パールラメ入り
全4色 容量:30g
パールの効果でくすみをカバー。ツヤ肌仕上げ
エンリッチングパウダー全3色 容量:30g
うるおいベールが肌を包む。 透明肌仕上げ

定番商品だと全12種類あるパウダーですが、カラーは7色。
どの色を選べばいいか迷ってしまう方も多いですよね・・・

カラーは大きく分けると代表カラー3色と、コントロールカラー2色になります。

代表カラー3色

まずは、代表カラーについてご説明します。

  • クリアー
  • ナチュラル
  • オークル01

クリアー

名前の通り、塗ると「透明」になるパウダーです。
付けた瞬間は、白っぽくなることもありますが、皮脂となじむと透明になります。
ファンデーションの色を活かしつつ、肌に「透明感」を出したい方におすすめ。
どんな肌色の方でも使いやすい、オールマイティーカラーになります。

ナチュラル

くすみが気になる方におすすめのカラーです。
ピンク系のカラーで、血色をよく見せたい方にもおすすめです。
カバー力もあり、色白の方~普通肌の方におすすめのカラーです。

オークル

赤みが気になる方におすすめのカラーです。
イエロー系のカラーで、健康的な肌色に仕上げたい方におすすめです。

フィニッシングパウダーには、オークル01・02・03の3色があるので、
どんな肌色の方も使いやすくなっています。
(01が一番明るく、03が一番暗いカラーになります。)
オークル03は、シェーディングとしても活用いただけます。

コントロールカラー 2色

フィニッシングパウダーパールラメ入りにのみ、
コントロールカラーの2色が存在します。

  • ラベンダー
  • バナナ

ラベンダー

パープル系のカラー。
透明感は出しつつ、肌をワントーンアップするカラー。
クリアーとナチュラルの、よいとこどりのカラーです。

バナナ

イエロー系のカラー
赤み・くすみをカバーしつつ、色ムラを消してくれます。
日本人の肌に馴染みやすいカラーです。

なぜパウダーだけで12種類?

フィニッシングパウダーは、もともと舞台用の仕上げのお粉として開発されました。
舞台では、役柄に合わせて濃いめのファンデーションを使用したり、
男性もメイクをします。

役柄、年齢、性別関係なく使用できるようにと多色展開となりました。
(発売当時はフィニッシングパウダーだけで7色展開をしていました。)

その後、多くの要望があり、「パール・ラメ入り」「コントロールカラー」の発売。さらに保湿ができる「エンリッチングパウダー」が発売され、2020年の10月には限定の「エンリッチングパウダー クリアヴェール」が発売されました。

そのほかにも、夏に発売する「フィニッシングクールパウダー」やプラチナ配合の「エンリッチング プレミアムパウダー」「プレストタイプのパウダー」などさまざまなパウダーを販売してきました。

たくさんの種類があるので、自分に合ったフィニッシングパウダーを
ぜひ、お試しください。

一覧に戻る