TOPICS

フィニッシングパウダーの選び方

2021.04.13

フェイスパウダーは、メイクくずれを防ぐだけでなく、透明感・ツヤ感を出したり、肌をワントーン明るく見せるメイクアップ効果もあります。

チャコット・コスメティクスには、全12種類のフィニッシングパウダーが存在します。

その中から、悩み・好みの仕上がりに合ったパウダーを選び、いつものメイクをワンランクアップさせてみてください。

パウダー診断チャート


①764(ライトオークル):肌より少し明るめ。赤みが気になる方に

②789(ハニー):トーンアップカラー。赤み・色ムラをカバー(パール・ラメ入り)

③784(ライトオークル):くすみが気になる方におすすめ。自然な仕上がりに(パール・ラメ入り)

④774(ライトオークル):透明感がアップするカラー

⑤763(クリア):透明感・明るさが引き出せるカラー

⑥773(クリア):透明感・明るさを引き出すカラー(保湿タイプ)

⑦771(ナチュラル):ピンク系の明るいカラー(保湿タイプ)

⑧788(ラベンダー):トーンアップカラー。透き通る肌へ(パール・ラメ入り)

⑨781(ナチュラル):くすみが気になる方におすすめ。華やかな仕上がり(パール・ラメ入り)

⑩761(ナチュラル):肌より少し明るめ。くすみ・血色が気になる方に

⑪767(ブロンズ):気になる部分をカバー。シェーディングにもおすすめ

⑫766(オークル):肌なじみのよいカラー


ご自身の悩みや肌質にあったパウダーをぜひ、お試しください。

一覧に戻る